世に溢れる様々な作品について、考えたり研究したりして感想等を書く、記者多人数制ブログです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

演日、その弐
〆ほっと


ほっとです。


今帰ってきました。


今日は、の。さんの大学の学祭に行ってきました。

昨日は演奏を聴きに掛川だったけど、今日は演劇を観に横浜へ。






なんというか、、、



最初に、なんか気になってもらえるような、意外性のある"ツカミ"から始まり、

ある程度の知識というか、物事を考えてもらうに当たっての情報を与え、

様々な視点から見させて、笑いを取ったり、深刻に訴えて空気を重くしてみたりして、聞いている人を刺激(触発)し、また、考えさせ、

最後に、主張したいことを言って結論とする...





手法(?)...





を用いる、某先生の授業は、

楽しくて、おもしろくて、とてもやりがい(受け甲斐)があるのだけど、

疲れます。。。

なんか、盲点を突かれた感じで、弱ってしまうんですよね。。。







…どこか、それとなく、ストーリー展開が似ていた舞台だった。









ってか、あの、下ネタは何かを狙ってたのか???

なんなのだろうか。。。


う~ん。。。





....








楽しくて、疲れた3日間。

全部で、なんと750キロの移動ですよ。


また、肩が悲鳴をあげそうです。。。







2日間ともお付き合いいただいた、ユチヨさん。


眠気をこらえて付き合ってくれた、若布サラダさん、友人Kさん。


そして、李ユラさん、の。さん。


よき休日をありがとう。





おやすみなさい。横浜解放区より。

情報インフレーションとカクテルパーティー効果
〆ほっと


昨日の疲れを引きずったまま、10時に起きた。

何も食べずに、朝シャンをしてすぐに出発。


一応、確認の電話。

「今家を出るところだから、4,50分で着くよ。準備よろしく!」
「わかった。待ってるよ~」

という言葉を交わして、車を走らせる。


11時ちょうどに到着。

メールする。

10分ほど待つ。

電話する。

でない。

家の電話に掛ける。

弟が出る。

かわってもらって、着いた旨を知らせる。






そんなこんなで、約25分の待ちぼうけを喰らってしまった。。。





するとどうですか、

なんと、

電話した記憶がないとか言ってますよwww

起きたのは11時の電話の時らしい。。。





どうやら、寝言で俺と会話してたみたいです。

不思議な限りです、ユチヨさん。







んで、246を通って、国129号を通って、国1を通って、横浜市へ。


青葉区とか緑区とか都筑区とか中区とか港北区なら行った事ある(特に青葉区はww)けど、今度は鶴見区。



あいかわらず広すぎます、横浜。




駅前に14時半過ぎに到着ののち、

SEIYUの駐車場を発見。


タワーパーキングだけど、15時までに行かなければならなかったので、急いで停める。


なんか、3000円以上買い物したら、料金が75パーセントオフとか言っとるよ~ww

安くなりすぎじゃね?



んで、友人の晴れ舞台を見て(詳細は次の記事)、その友人とエントランスで軽く話し込む。






んで、動く。

すでに17時半すぎ。

真っ暗だwww



朝から何も食べてなくてハラペコだったけど、

なんか、歩いてたら、めちゃめちゃたこ焼きを進められたけど、




あまりに腹が減って、食欲が出ない。。。







んで、帰りがけに買い物。駅前の西友へ。



いつも行く、


西友 富士今泉店でもなく、

西友 富士青島店でもなく、

西友 沼津片浜店でもなく、

西友 沼津大岡店でもなく、





西友 鶴見店でお買い物。



なんか、いつも見覚えのある商品を、異国の地で見た気分だったよ。。。



色々買って、3348円也。よし、超えた。



しかし、牛乳でやっちゃった。

今、飲みかけもあわせて、全部で3本もありますよ。。。

どうしようwww





んで、いざ車へ。


3時間半で、525円。



安すぎ!!www





で、帰るも、迷う。ひたすら迷う。


コンパスを頼りに、何とか西へ向かう。





なぜか、新横にでたwww




ここからならわかる!!


と、なんとかなった(笑)





で、246から帰ろうとしたけど、結局国1から帰る。






途中、

西湘バイパスにて、



白いセダンで、



白いヘルメットをかぶっている男2人組みが乗っている車と出会う。




「こいつら一体なんなの?車でヘルメットとかギャグ?」


とか、横に着いた時に思ったwww



しかも、青い服。

「交通機動隊のコスプレかよwww」



とか、思ったけど、、、







あれ?


ってか、本物ジャンwww




70キロ道路で、100キロ近くのスピードで抜くのはヤバイと思って、


しばらくおもしろがって覗き込みながら併走した後、


さりげなくアクセル緩めて後ろにつく。





マジ、ギャグだわwww


笑いが止まらんよwww





んで、

ICで流出したので、アクセル全開フル加速。


ホントにギャグだわ。

バイバイキン!!








最後に、ラーメン屋で炒飯ラーメンセットを頼んだ。

いわゆる「チャーラー」


美味かった。ごちそうさん。







なんで、こう、ネタがゴロゴロと転がってるんだろうwww

演日、その壱
〆ほっと


ほっとです。

いま、李ユラさんの大学の学祭に来てます。

食べた物
・ホットドッグ
・揚げタコ焼き
・ホットドッグマスタード多め
・カレー
・コーラ

えー、カレーが香ばし過ぎて非常に微妙だった。
ティッシュ配りではなく、ウェットティッシュ配りをしていた。

友人Hから外国の蜂蜜をもらった。

これから李ユラさんのバンド演奏を聴き、7時からのバイトのためにとんで帰る。

明日は、例のラーメン屋にでも言ってみるかな。
ほっとでした。



追伸。


オギィさん、良かったよ、ギター。ハーモニカも。

ってか、レベル高いなぁ。みんな上手いし。


特に、オギィのバンドの1つ前のバンドのボーカルの人、やっぱかなり上手いわぁ。



写真欲しければいつでも言ってね~w

なかなか上手い具合に撮れとったよww





んで、バイトに行こうとするも、同行した友人を送る時間がなくなってしまった。

よって、彼をウチにいったん収容し、バイトへ。


今日は、補講ですよwww




さぁてやってきました。



**********************************

サンカッケーのゴードーとソージ。

ショーメー問題ですよ。


ゴードー
・サンペンのヘンがヒトシー。
・フタツのヘンとそのアイダのカクがヒトシー。
・ヒトツのヘンとそのリョータンのカクがヒトシー。


ソージ
・ミッツのヘンのヒがヒトシー。
・フタツのヘンのヒとそのアイダのカクがヒトシー。
・フタツのカクがヒトシー。


オボエテマスカ?





エーゴは、フテーシ。

トゥ+ドーシのゲンケー。


メーシテキヨーホー。
~スルタメノ

ケーヨーシテキヨーホー。
~スルコト

フクシテキヨーホー
~スルタメニ

**********************************


あと、小学生に、割り算の予習をさせる。

教える。


割り算を"教える"のって、ナカナカ難しい…。









んで、友人を送って帰ってきて1時。疲れたw

根方最狭の夜
〆ほっと


ほっとです。


若布サラダさんがマイミクになりました。


バイトが2件あったのだが、

今日は、大学の面子で8時半から久々に遊びました。


本読んだり。

ファミレスに行ったり。

ちょっと大回りして、家に送って行ったり。




ファミレスで、9円差で競りに勝ちましたww
相手を、お馬鹿だなぁと思いつつ、代理ながら落せた嬉しさと優越感に浸ってましたwww

しかしまぁ、入札直前にメールがきて、マジびびり、
2分前に入札するつもりが、約10秒前の入札になってしまいましたwww

いやぁ、オークションは楽しいねぇ…ww



そして、沼津から根方街道を使って帰ってきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%99%E5%B2%A1%E7%9C%8C%E9%81%9322%E5%8F%B7%E4%B8%89%E5%B3%B6%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E7%B7%9A


夜は、信号に引っかからなくて、対向車も少なくて、路線バスも走ってなくて、楽ちんです。


疲れた。おやすみなさい。



東海道をゆく

危なかった...
〆ほっと


ほっとです。



バイトが終わって、20時半。




今日は給料日だったので、

三島市内でラーメンでも食べて行こうと思ったけど、


なんか、なんとなくやめた。





料金の払込をしようと思い、

沼津IC手前のセブンイレブンに寄ろうとしたけど、


なんか、なんとなくやめた。




コンタクトのケア用品が切れていたので、

沼津のドン・キホーテに寄って買おうと思ったけど、


なんか、なんとなくやめた。




そもそも、トイレに行きたかったのだけど、

なんとなく、愛鷹PAまで我慢することにした。







どこにも寄らず、愛鷹PAに着いた。


20時で閉まるはずの売店の電気がついている。

どうやら、メンテナンスらしい。



交通情報が気になって、電光掲示板を見たら。

こちらも、どうやらメンテナンスらしい。




トイレの前には、「通行止めのお知らせ」の看板が。

工事多いなぁ、なんて思ったり。









そして、



10月26日午後10時より、断水のため、トイレが使えなくなります。


という、張り紙。








時計を見たら、21時。











どうやら、何かが、僕に知らせてくれたみたいです。







なにか、助けられた気分で、富士市内で買い物を済ませ、ほっかほっか亭でからあげ弁当を買って、




何事もなく、帰って来ました。














あ、なにかあったかといえば、




「電車が止まって帰れない」

というメールが来たくらいです。

















ほのぼの、ほっと一息。


ほっとでした。



















追伸。




アンメルツ。


肩凝り持ちの、俺の肩をほぐすのに使います。

そして、K先生が開発した、DIGというノウハウにも使います。
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&rls=GGLD%2CGGLD%3A2004-11%2CGGLD%3Aja&q=%EF%BC%A4%EF%BC%A9%EF%BC%A7+%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%83%84+%E6%BA%96%E5%82%99&lr=


しかし、今夜はキンカンを試してみたいと思います。

キンカン、果たして効くのか。

黒部渓谷の朝
〆ほっと


最近頭痛がひどいです。

考えすぎでしょうか。


こんな時は、ふっと旅に出て、自然に触れて、何もかも無に戻ってみたいと思います。







いつも申しておりますが、田園風景は人工物です。人間が作ったものです。

田園風景という人工物を眺めに田舎に行くというのも、悪い事だとはいいませんが、






時に人類の脅威ともなる、秘境の「本当の自然」というものに、触れたくなるものです。



「机上の空論」という言葉があります。




あれこれ考えても思いつかないときは、いろいろなものに触れてみる事も、時に大事なこと。

百聞は一見にしかずです。




ほっとです。



えー、黒部渓谷に行きたくて行きたくて。

宇奈月温泉に泊まって、黒部渓谷鉄道に乗って、高熱随道で有名な黒部上部軌道に乗って、黒部ダムへと抜けてみたいです。




他にも、小笠原や八重山といった離島、孤島。

軍艦島や樺太なんかにも行ってみたい。



憧れですね。





ああ、旅に出たいです。






宇奈月温泉で検索すると、民法関連がいっぱい出てきます。


民法温泉ってか??

民法学入門

レビュー:DEATH NOTE アナザーノート -ロサンゼルスBB連続殺人事件-
〆ユチヨ


<あらすじ?>
JC2巻に登場した、「ロサンゼルスBB連続殺人事件」が小説の舞台。JCではたった1コマだったが、小説ではその真相が明らかにされる!Lと南空ナオミが難事件に挑む!!

─────────

デスノートの小説版、読みました。

何故かどこ探してもあらすじが無いので軽く説明すると──


むしろ知ってる人の方が少ないんじゃないだろうかデスノート内で扱われた事件“ロサンゼルスBB連続殺人事件”。
漫画版では何気なく扱われたたった1コマの話だったのだけれども、そこに原作キャラであるLと深空ナオミ、いくつかの既存の設定を加えることでスピンオフさせたのがこの作品。
メロを語り部に、原作デスノートとはほぼ接点無しのオリジナルストーリーが展開される。



人の死を操ることができるデスノート……については、まぁ説明いらないでしょう。
漫画のデスノートを知らずにこの作品に手を出す人もおるまい。

原作ではデスノートをめぐってキラとL(ニアも)との裏を探る会話の応酬が展開されたけども、小説版では西尾維新が出掛けているだけあって言葉遊びを多用した会話の連弾が展開される。
そのせいか主軸に登場するナオミと竜崎は自然とお喋りになり、多少違和感がなくもない。
ところどころに原作のエッセンスを含めているのだけれど、いわゆる西尾節が全開で西尾維新の作風を知らない人にはちょっとキャラのノリが軽く感じるかも。

内容のほとんどが連続殺人事件を追うナオミと竜崎の推理話。
被害者はみんな犯人の手によって細工を加えられていて、目を潰されていたり、片足をもがれていたりするワケだ。
デスノート自体は関与しない物語なので、みんな普通に(と言ってもどれも猟奇殺人だけど)殺されてしまっている。
誰が殺されるのか? 誰が生き残れるのか? みたいな緊迫感はゼロ。

メインの謎解きは読んでいれば「なるほど、よく考えたなぁ」って感じ。
“この世で誰にもバレずに殺人を行える最有力候補は推理作家だ”って言葉があるけど、なるほどその通り。
普通に考えたらこんな殺人事件、誰も起こせまい。

でもそれを可能にしたのが“デスノートの世界”と作者お得意の言葉遊び。
コナンとか金田一少年とかの世界は無理。フィールド特性を活かしたウマい作品だと思う。

内容は170ページと薄いけども、デスノートの世界観は見事に再現できてるんじゃないかな? と、思う。
自分はどっちかと言うと西尾維新目当てで買ってるので結構満足できたけども、よそのサイトを見てみたら不満な声も多いみたい。
それは多分、原作には無いキャラの軽さと、さっきから何度も言ってるデスノート本編とは関係無い話のせいじゃないかと思う。
つーか「デスノートが好きだから買った」って人にはファンブック程度にしかならないんじゃないだろうか。多分。
この本を読んで「面白い」と思った人は、「デスノートだから面白かった」んじゃなくて「西尾維新の話作りが面白かった」んだと思う。
上手く言えないけどデスノートが好きなら楽しめるか、と言えばそうじゃない。
でもデスノートのスピンオフ作品なワケで、デスノートに興味が無い人は読まないワケだ。

とても敷居が高い。

しかも原作を読んでいることが必須。
でないとストーリーの8割くらいが理解できないまま終わりそう。

結局、個人的にこれがオススメできるのは「西尾維新の本を楽しめつつ、デスノートも好き」って人だけ。

逆に「西尾維新は知らなかったけど、この小説を楽しめた」って人は西尾維新の作品を読めば幸せになれるかも。
DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件 DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件
西尾 維新、大場 つぐみ 他 (2006/08/01)
集英社

この商品の詳細を見る
DEATH NOTE (1) DEATH NOTE (1)
大場 つぐみ、小畑 健 他 (2004/04/02)
集英社
この商品の詳細を見る
Copyright © 視聴覚メディア論. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。