世に溢れる様々な作品について、考えたり研究したりして感想等を書く、記者多人数制ブログです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スネーク、気分はどうだ?」 「そうだな……性欲を持て余す」
〆ユチヨ

授業中に人間の3大欲求の話がありました。
一応簡単に説明すると「人間は食欲、睡眠欲、性欲のどれかが欠けると生きていけなくなる」ってヤツ。

それで「仮に3大欲求の中から一番大事なモノを選ぶならどれか」と言う話になった。

最初に先生が「自分は性欲を選ぶ!」と豪語、これでまず教室が爆笑の生徒と引きまくりの生徒の2つに分かれた。
3つの派閥に分かれて話し合うと、まぁ大体予想通りの応答が返ってくる。


食欲派 - 食べないとエネルギーを補給できない。

睡眠派 - 腹が減っても寝ればイイ。寝ることこそ最大の癒し。

性欲派 - 人は遺伝子を残さなければ生きた証にならない。



先生も言っていたが、中学生の弁論大会みたいな内容だった。
ってか、我々は電子情報学部で、授業は基礎電気磁気回路・同演習なのに何故3大欲求の話なんだろう?

ちなみにウチは睡眠派。
特に深い理由はないけど、食べて死ぬ、寝て死ぬ、性欲を持て余してして死ぬ、のなら寝てるのが一番心地良いんじゃないかなぁ、と。


ところで「どれが欠けても生きていけない」ってコトは、何日も寝ないで過ごすと“眠らずに死んじゃう境界線”があるんだろうか?


う~ん、何だか低レベルな精神論になってしまった。
今日はもうおしまい。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 視聴覚メディア論. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。