世に溢れる様々な作品について、考えたり研究したりして感想等を書く、記者多人数制ブログです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レビュー(暫定版):機動戦士Zガンダム~A New Translation~
〆ユチヨ

去年から約1年、3部作に渡って放映された劇場用作品「機動戦士Zガンダム」を見終わりました。
“機動戦士Zガンダム”は今から約25年前にTVアニメとして放送された“機動戦士ガンダム”の続編として制作され、同じ世界での新しい主人公・組織内での対立などそれまでの続編モノとは違う描き方に当時の視聴者に新鮮さを感じさせると共に戸惑いを与えた新機軸的な作品だったようです。
そして現在、エイジングと呼ばれる独自の映像技術で最新の映像と過去のテレビの映像が合わさり、富野監督の新たな新訳の名のもとに現代に舞い戻ったのが今回見た「A New Translation」というもの。


1.映像技術(CGなど)の分析、感想。
まず、この作品は新旧の映像が一緒になっているのですが、やはり20年以上前のセル画と現在のデジタル配色では違いが大きすぎますね。
インタビューで富野監督は「過去の映像とも違和感があまり無いようにあえて下手に作った」と言ってますが十分綺麗です。特に第一弾“星を継ぐ者”のアッシマー戦とギャプラン戦はカメラワークや動きの構成がテレビ版と酷似しているのにも関わらずスピード感を出しながらの迫力ある戦闘が描かれています。アニメーション技術のレベルアップの歴史を肌で感じるコトができますね。
しかしこの頃はまだスタッフがエイジング処理に慣れていないのか過去の映像との差が激しすぎて落ち着いて見てられないのが現状でした。
ですがその後の“恋人たち”以降は新旧映像の問題ない程度に調和してきます。逆に言うなら現在の映像技術にも負けない画面構成、演出力がテレビ版Zにある、とも言えますね。
映像技術が綺麗なだけでも見る価値はあると思います。

2.シナリオ、キャラクターなど作品の核になる部分への感想。研究。
何かキャラ全員の性格がテレビ版より幼くなってる気がしました。多分話が短くなった分それぞれのキャラの心情描写が薄くなっちゃったのが原因かと。
ストーリーも物凄い勢いで進むのでSEEDやSDの影響で劇場に足を運んだタイプの人は困惑したでしょうね。その代わり密度も物凄く濃いので状況さえ把握できれば退屈しないで2時間過ごせます。

3.自分の思い入れの気持ちや批判など。自分とのかかわり。
“星を継ぐ者”と“恋人たち”はDVDで見たので“星の鼓動は愛”は劇場に見に行ったんですが、第一弾・第二弾ともに劇場で見なかったことを後悔。
すごい迫力ですよホント。うるさいくらい。
音楽もテレビ版を抑えつつ激しいギターも取り入れたりしてその意欲は買いますがGacktの曲は賛否両論もめそう。

4.色使い・背景・セット(ヴィジュアル)について思うこと。
CG面と似たような意見ですね。新作カットはとにかく綺麗です。問題があるとすれば光沢など影の描写の差が激しい所。アーガマのブリッジなんて新作カットと旧カットではまったく違う場所に見えます。


総評すると「テレビ版Zを知っている人のための作品」ですね。
“新訳”や“誰も知らないラスト”と謳ってるだけに初代とZをあまり知らない人がコレを見ても楽しめないだろうしラストを見る意味がなくなってしまう気がします。
────────────
本当はもっと色々と書きたいんですが、ボキャブラリーの貧困なオイラにはなかなかいいレビュー文が思いつきませぬ。
そもそもガンダムに興味がない人がZを見るコトは稀でしょうし。そういう人たちを納得させる文章を考えるのは大変な作業です。
そんなワケでしばらくは暫定版でご享受ください。ちょいな。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

やはり…
おいらもレビュー書こうと思ったけどやめたw
ユチに任せるぜw
サップ | URL | 2006/03/26/Sun 10:41[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 視聴覚メディア論. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。