世に溢れる様々な作品について、考えたり研究したりして感想等を書く、記者多人数制ブログです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謎の2車線道路
〆ほっと

富士市の鷹岡から久沢を通って運動公園の方へ向かう県道88号線。
なぜか運動公園手前あたりが2車線道路。

なぜ?

と通る度に思ってた。だって、田舎道路だし。1車線で充分っしょ?


と、そんな疑問がふっと解決。

現在、西富士道路で集中工事をやっており、オーバークロスのための土台工事とのことで、深追い調べしてみてわかった。


どうやら、第二東名富士ICが、久沢に出来るらしい。西富士道路は連絡道路となるらしいのだ。

運動公園側へ容易に抜けられれば、JR新富士駅・富士駅や国1静岡方面へ向かいやすいからであろうと勝手に推測。
ほんとは別の理由だったのかもしれないけどねっ。



ところで話はかわるが、第二東名なんて要らないといった意見もあるが、反論してみたいと思う。


大型貨物が70~90キロ、そして普通車が90~1?0キロのほぼ2車線で大きな速度差のある車同士が共生している現在の県内の東名高速。


1?0キロで流れている追越車線に、90キロ以上出せない大型貨物が入ってきたらどうなるか安易に想像できるはず。

日本の赤血球である大型貨物に対し、通学に使う私ごときがでかでかとは言えないとは思うが、彼らの運転ははっきりいって大半が容赦ない。


20メートル位のわずかな距離しかないのに20キロ近くの速度差で突然右車線に割り込んでくる。
そして私は右ウインカー併用の急ブレーキを踏む。かなりひやっとする。

急いでいるのに1分位、酷ければ3~4分位追越車線を90キロで走らされる。80~85キロ位の大型貨物を90キロの大型貨物がわずかな速度差をつかって時間を掛けて追抜くのである。
その間、異常にとばしてきたスポーツカーや高級車等が私の後ろに1~3台位ベタ付けしてきたり…。

そして、やっと大型貨物の追い抜きが終わったと思いきや、すぐに後続車が私の車との車間を詰めて来る。
非力の軽で何とか加速し、前方にいた大型貨物を抜き、後続車に道を譲る。
70~90キロで走る大型貨物を抜くために、再び右車線へ。


はっきり言って、疲れます。
なら80キロで走ればいい。と人は言うが、せっかく100キロ出せるのにそれでは勿体無い。


しかし、片側3車線の第二東名高速道路が出来れば、こんな煩わしさはなくなると思う。

100キロ~+10キロ位の一定の速度で、車線変更の必要があまりない、割り込まれる事がない快適に走れる道路になって欲しい。

ただし、ヘンな制度や法律を政府や自治体、高速会社が設けない限りだが。


そもそも、大型貨物が100キロで走ると危ないのだろうか。本当に80キロ(ちなみにリミッターが効くのは90キロ)以上出すべきではないのか。

これは疑問である。

***** ***** ***** ***** *****

また、伊豆縦貫道の早期完成も願っています。
しばらくは三島大場~長岡経由~伊豆の国大仁までは現行の片側1車線道路を使うようだが、後は大場から函南~韮山~大仁を通り、修善寺道路につなげるらしい。

土日にバイトをしたくない理由。それは自宅の前の田舎県道を硬直させる渋滞のせい。
その渋滞がなくなることを切望しています。


そして、早く伊豆縦貫道と伊豆中央道にETCが導入される事も切望しています。


では、今日の日記はお仕舞い。

おやすみなさい。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 視聴覚メディア論. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。