世に溢れる様々な作品について、考えたり研究したりして感想等を書く、記者多人数制ブログです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コールドゲーム
〆サップ

「きみの大切なものを奪いに行くよ」
そんな帯に引かれて買った「コールドゲーム」、
実際に読んでみると500ページ近くあったのですが
一気にさらっと読めましたw

この本のテーマは「いじめ」です。
中学時代にいじめられてたヒロヨシがいじめていたクラスメートへの復讐を始めた……、
ヒロヨシの復讐の度合いは人によって違う、
元クラスメートの光也らは「北中防衛隊」を組織、ヒロヨシの復讐に対抗しようとするが……。
いじめ、それは今もある学校の問題ですね。
程度はさまざまでしょうが自分はこの本のいじめの内容に結構な衝撃を受けました、
そこを考えながら読んでいくと復讐に至る経緯、
程度まで考えて行動に移してるヒロヨシという人物は相当な知能犯……かと
思わせますが、そこはそこで徐々に真実が明かされていきます、
関わっていないと思う者も標的にされる、
それはなぜか?
加害者にしてみれば気付きながら見てみぬフリをしたものにも復讐をする、
そんな人間の当たり前の心理が描かれてます。
文章も硬くなくて、一人一人の設定がきっちりしてるせいか
すらすら読めますw
今日も新たに文庫を買ってきましたがしばらくしたら
きっとまた手にとってしまう、そんな感覚を覚えますw


スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

こんばんは
BLOOG-RANKINGってゆうサイト見てたら記事が出ていたので、見にきました。私もブログやってみようカナ~(≧∀≦)ノ☆
Bee | URL | 2006/02/11/Sat 16:26[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 視聴覚メディア論. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。