世に溢れる様々な作品について、考えたり研究したりして感想等を書く、記者多人数制ブログです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れないまち-not again-
〆ほっと

すごく久々ですね。ほっとです。

mixiの方には頻繁に書いてますが、こっちにぜんぜん書いてなかったので、久々に書こうと思います。



最近は、作品とは無縁な生活をしていました。

映画もぜんぜん見ず、本も読まず、音楽は聴くけど、新しい曲はあまり聴かず。



そんなこんなで何をやっていたかって、

最近、防災まちづくり研究会なんぞというサークルを立ち上げ、何をやろうか迷っている最中です。


最新鋭の津波防災施設を備えた沼津について、いろいろ考えようと思ったりもしていた時、ある話を聞きました。

///////////////////////////////////////////////////////////////
塀に囲まれた街で大雨が降り、水が町の中にたまり、大洪水が起きた。
多くの人が亡くなった。
その教訓を生かし、水門を作った。
そして、ある日、街の人々"総出で"イベントを行っていた。
雲行きは怪しい。旅人は街を出た--。

忘れない国-Not Again-
///////////////////////////////////////////////////////////////


これはいろいろ考えさせられます。

実際に地震が起きた時、すべての水門が津波が来るまでに閉められるとは限りません。

手動の水門も多くあります。
幹線道路の陸こうはちゃんと閉まるのでしょうか。

まだ堤防が繋がっていない場所もあります。現在工事中です。


安心しきってませんか。


この教訓というか、安易に想像できる未来のシナリオを、どのように考え、どのように行動するか。
そして、我々に出来ることは何か。


防災まちづくり研究会では、真剣に考え、行動に移していきたいです。


地侍と旅の坊主の橋渡し。
否が応でも、そんな役割を担っているセミプロとして。




本って、生活のスパイスになります。

また、どこにどんな話が転がっているか分からない、未知の広さがあるからおもしろい。



スパイスたっぷりのほっとでした。


キノの旅〈6〉 キノの旅〈6〉
時雨沢 恵一 (2002/08)
メディアワークス

この商品の詳細を見る




「旅の坊主」で検索かけると、うちのゼミ担のブログがw
http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rls=DVXA,DVXA:2006-45,DVXA:ja&q=%e6%97%85%e3%81%ae%e5%9d%8a%e4%b8%bb


「ゼミ担の旅Ⅵ」www
スポンサーサイト
Copyright © 視聴覚メディア論. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。