世に溢れる様々な作品について、考えたり研究したりして感想等を書く、記者多人数制ブログです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

告知
〆李ユラ

8月9日、浜松メスカリンドライブのライブに出演することが決まりました☆

コピーバンドですがチケットあげるのでだれかきてください♪
スポンサーサイト

My music
〆李ユラ

李です。

ここは現代視聴覚メディア論ということで、音楽について話そうと思います。

音楽についてと言ってますが、自分の好みの音楽ですなw


自分は昔つか一年前くらいはフォーク、フォークロック、ポップスといった少し軽めの音楽しか聞いていなかった。

それもメロディー重視なやつ。

まぁ、ごくごく一般の人たちが聞く大衆音楽、いわゆるJPOPだ。

しかし最近では、パンク、ロック、パンクよりなロックを聴くようになった。

それは何故だろう?それはバンドがかっこいいからである。

ボーカル、ギター、ベース、ドラムがそろって俺の音楽がはじめる。
(フォークデュオもふくみますw)

そんな俺がオススメするバンドはACIDMAN。

知らない人もいるだろう、つかあんまり有名じゃないし。

古いタイプのカラオケマシーンには曲すらはいっていないw

しかしACIDMAN、彼らはすごい。

歌がうまいというわけでもなく、メロディーがいいというわけではない。

彼らがすごいのは曲の雰囲気である。

独特な構成の和音でひびく共鳴音。

哲学的な歌詞に、世界のあり方人のあり方を感じます。

そして噛み合いすぎた三人の演奏はものすごい厚い音楽となっています。

別に熱いを厚いに間違えたわけじゃないよw厚いんだって。


とまぁそんな感じなバンドです(どんな感じだよ!!)

人の音楽の好みはたくさんあります。

必ずしも気に入った音楽ではないかもしれませんが、

一度は聞いてみてACIDMANの世界を泳いでみてください。


暗い前が見えない~空色ストーミー~
〆ほっと

荒らし投稿第3段w

ほっとです。



ネットで注文していた、アツミサオリの「空色ノスタルジー」


ちっとも来ない!どうなってんねん?!


とイライラしつつも、楽しみに待っていた。



ついに明日来るらしい。



では、前夜レビューしちゃいます。


このライナーノーツと、
http://www.geocities.jp/atsumi_sorairo/liner_notes.html

試聴をして書きます。
http://www.bgv.jp/contents/music_detail.php?conts_id=4149


とりあえずこれらでレビューできる曲のみで。



01.青い空が見えない
東京に独り立ちしたときの気持ちをうったえた曲。
本当に、東京の空って濁ってる。
星一つ見えない空に私もビックリさせられました。

東京から星が見える日は来るのだろうか...。

でも、田舎暮らししかした事のない私には無縁の事なのかも...。

東京の便利さにはちょっとした憧れもありますが、住みたいとは思えないな。



06.月が笑ってる
いいですね。夜に語り合ったりするの大好き。特に散歩しながらは。

そういえば、不思議と夜って、自然と込み入った話が出来るんですよね。
そして、一晩語り明かせば、もう親友。

この歌のような語り明かせる親友がいるのは幸せな事です。



07.話をしようよ
試聴での第一印象はカレーのCM曲みたいな曲。カレーという歌詞があるからってのもそうだけど、雰囲気が和やかだから余計にそう思える曲ですね。
こんな和やかさって素敵ですね。



10.Morning glow
朝の何かが始まるワクワク感。目覚めの良い朝だとワクワクしてきますね。
そんなポップな曲。

話をずらしますが、坂なんて滅多に無いと思って今まで育ってきた平野育ちの俺。富士や熱海や伊東、そして東京の都心が坂ばかりなのに驚かされまくってます。



11.大切な人へ
バラードな1曲。心が乱れても...な曲。
...は、フェードアウトしてしまって何なのか分かりません。

早く聴きたい!!




明日が待てない。ほっとでした。




でも、何時の間にか明日はすでに来てるんだな.........

空色ノスタルジー 空色ノスタルジー
アツミサオリ (2006/04/26)
インディペンデントレーベル

この商品の詳細を見る

メイストーム心機一転
〆ほっと

最近、バンドに半強制参加させられた(笑)ほっとです。
今日は、久々のヒマなので、記事を書きまくって荒らしますw

今日は、私のベストフェイバリットのKOKIAさんの事。



何故か突然に、所属のマザーランドを卒業するとのメルマガが...


と、思ったら、いきなり公式サイトを立ち上げちゃったw

http://www.kokia.com/


KOKIAというアーティストの可能性をサポートする会社って何ぞや?

今後か大変気になります。




そして、ノスタルジーな話。

KOKIAさんは、プロのアーティストとして私が初めて"生で"聴いた歌手。



それは、2年前の5月。


速水さんからのあのメールが事の発端。


KOKIAのチケットの応募をK-MIXで受け付けているとの。

K-MIXは静岡のFM局。


まさか、と思いつつも応募。

そして当たってしまった。


しかも、場所は富士市のロゼシアター。めっちゃ近所。


感動ですわ~。


そして、一緒に行くと約束していたユチヨさんの誕生日、5月8日が公演日。



うはっ。と思いつつ、富士へ。






そんな、思い出のあるKOKIAさんのライブ。


しかしまぁあの富士市のかぐわしいにおい。なんとかならないのであろうか。




bad smell
blue leaf

サブミナルライク
〆ほっと

イヤ!イヤ!と思いつつも、何度もそれに触れてると、好きになっちゃったりするんですよね。逆も然り。

ほっとです。


そんな、勝手に好きになっちゃった曲を紹介したいと思う。



なんといっても、19やゆずなんかは、李ユラさんの影響かも。

好きなんですなこれがまた。


19だと、蒲公英-たんぽぽ-、あの青をこえて、以心伝心、大自然etc...
19~すべての人へ 19~すべての人へ
19 (2005/10/19)
ビクターエンタテインメント

この商品の詳細を見る



ゆずだと、桜木町がかなり好き。
桜木町 / シュミのハバ / 夢の地図 桜木町 / シュミのハバ / 夢の地図
ゆず (2004/06/02)
トイズファクトリー

この商品の詳細を見る



でも、ゆずは声が高い。高すぎる。嗚呼....


そして、最近のそれ。



♪mihimaru GT「気分上々」

気分上々↑↑ 気分上々↑↑
mihimaru GT (2006/05/03)
ユニバーサルJ

この商品の詳細を見る



友人宅に泊まった時に、一晩中リピート再生されていたw

翌朝、ノイローゼノイローゼ言いまくってたけど、何気にはまったかも。



気分上々↑↑

出会いは「真夜中のラジオ」~植村花菜~
〆ほっと


静岡県→神奈川県→山梨県→神奈川県→山梨県→静岡県→山梨県→東京都→山梨県→静岡県

を3日間で移動したほっとです(ハァハァ)


さて、ケータイの電話帳の友人グループを2つから3つに分けていたある日。

グループごとに着メロを分けていたので、のちに着メロが欲しくなり、サイトを巡っていた。








・・・

そして、再会した。








愛知県へと向かっていた車中で、たまたまラジオをつけた時に流れていた。

誰かがカバーした「やさしさに包まれたなら」


だれのカバーだろう?

なんてふと思っていたが、その疑問はそのときで尽きてしまった。





そしてつい最近。サイトにて再び出会った。


♪植村花菜「やさしさに包まれたなら」

試聴(ディスコグラフィーの左から6番目)
http://www.uemurakana.com/index2.html


他の曲も聞いてみようと思う。

なかなか好きな感じの曲なので。


では、



植村花菜公式サイト
http://www.uemurakana.com/






こちらも楽しみ!!
♪ナナムジカ1stアルバム「ユバナ」

ナナムジカ公式サイト
http://www.ken-on.co.jp/nanamusica/





追記
とんだ不覚だ!

映画「銀色の髪のアギト」
>音楽:岩崎琢

今さら気付いた。

岩崎琢さんといえば、前のNNN24の曲(元は「今、そこにいる僕」の曲)を作った人。
かなり好きなんだが、気付いたのが今さらなんて不覚ですorz

岩崎琢 wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A9%E5%B4%8E%E7%90%A2

ゆらりゆられながら
〆ほっと

先の記事に書きましたが、♪RYTHEM「願い」が26日に発売されます。

何となく試聴しまくってたら、サビの歌詞が、、、

「ゴンドラに乗って ゆらりゆられながら…」


って、モチーフはベネチア?

来ましたよベネチア。イタリアのベネチア。

行きたいなぁイタリア…。

ローマ、ミラノ、ベネチア、フィレンツェ、ナポリ、トリノ....


パスタ、ピザ、ワイン…

もいいけど

ミラノの夜景やアドリア海の夕日をぜひ生で撮りたい


話はそれまくったが、ベネチアといえば、高潮のプレゼンを作る際、アクアアルタの資料が大変役に立ちました。


前に日記に書いたかもしれんが、

ベネチアのアクアアルタでは、水と戯れるのが美しいらしいですが、では、ニューオーリンズでは?
というどーでもいい疑問が発生したなぁ。

資料に、「汚いので感染症覚悟で水と戯れましょう」ってな感じで書いてあったw



はたまたそんな事はどうでもいいのだが、ベネチアの朝っていうイマジネーションが斬新でいいですなぁ。


ほんとに、どうでもいい記事でした。


RYTHEM
http://www.rythem.info/

Copyright © 視聴覚メディア論. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。